「セヴンデイズ あなたとすごす七日間」をプレイしてみた

セヴンデイズ あなたとすごす七日間

セヴンデイズ あなたとすごす七日間

これはLIFE0が制作したデビュー作となる全年齢対象のPC向け恋愛ADV(アドベンチャーゲーム )である。

そして紛うことなきギャルゲーである。
エロシーンのない全年齢対象作品をギャルゲーと呼べるのかどうかは不明だけど、ゲームの進め方・シナリオ展開などは疑いなくギャルゲーだ。
そしてギャルゲーの中でも泣きゲーというジャンルに属する。

泣きゲーとはゲームをプレイすることで感動を呼び起こされ、泣けるゲームを指す。
だが、「ヒロインが全員死んでる」という触れ込み通りゲーム内の所々でホラー的な展開があり普通のギャルゲーとは一線を画す。
全体的には悲しくて切ない内容ですが、ところどころにギャグがちりばめられていて、思わず笑ってしまいます。
ストーリーも安易に萌えに走るのではなくしっかりとヒロインたちの感情描写が描かれているので、女性の方にも勧める事が出来るゲームでしょう。
そしてゲームを進めていて気付いたのは展開のテンポの良さ。
この手のノベルゲームでは細かな描写を伝えたいばかりにセリフやト書きが長くなってしまい、なかなか先に進めない事に苛立ちを感じることもあるが、このゲームでは1文1文が短くまとめられていてサクサク進む。
この手のノベルゲームではBGMでの雰囲気つくりに加えてこういうテンポ感も重要なんだなと感じました。

クラウドファンディングで目標額の200万円どころか400万円以上を達成し制作が決定した本作品。
近年ギャルゲーのヒット作が乏しいなか「ギャルゲー、泣きゲーはもう古い」という論調もあるようですがはやりいい物はいい!と言わせて頂きたい。
こういう作品に携われた事、大変うれしく思います。

Posted on 2017-10-21 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »

ラジオ番組収録の様子

ラジオ収録配置
スタジオネイバーズはラジオ番組の収録でもご利用頂く事が出来ます。
ラジオ収録ではこのようにパーソナリティの方とゲストの方が机を挟んで向かい合わせに座ります。
この時の収録ではゲストの方がもう1人いらしたのでマイクを1本追加して全部で3本のマイクを立てました。
最近はこう言ったラジオ番組の収録でのご利用も増えてきました。
WEBラジオなどの公開をお考えの方はぜひご検討ください。

 

 

Posted on 2016-08-07 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »

暖房は必要か?スタジオネイバーズ初めての冬

12月を目の前にしてだいぶ冬らしくなってきました。
スタジオネイバーズが開設されてからそろそろ5ヶ月が経ちますが、これから初めての冬を迎える事となります。
通常では最低気温が1桁台になった頃からエアコンを暖房運転にして稼動させていると思いますが、スタジオネイバーズでは未だに冷房運転です。
というのもスタジオ内には音響機器を始め、パソコンなどの熱を出す機材が多く、また防音処置を施したスタジオは、高い気密性が保たれているうえ多くの吸音材を使用しているためです。

スタジオネイバーズではこの防音処置・吸音処置を徹底して行いました。
下の写真は施工当時の吸音材施工の様子です。

壁の吸音材

壁の吸音材

天井の吸音材

天井の吸音材

床の吸音材

床の吸音材

吸音材というのはグラスウールやロックウールといったものですが、これらは同時に断熱材でもあります。

スタジオネイバーズではこの吸音材を壁、天井、床と四方を囲むように設置しています。
これはまさしく断熱材に囲まれた状態と言えますねw

このような防音処置を施したスタジオでは保温性が高く熱がこもりやすい性質があります。
ちなみに今年の夏はどうだったか?というと・・・
8月初旬ごろの35℃超えした猛暑日の日中に音声収録を行いましたが、まあ涼しいとまでは行きませんが不快を感じるほどの暑さにはならずに済みました。

では、冬ではどうでしょう?
レコーディングスタジオでは「冬でも冷房」ということろも珍しくはありません。
さて、スタジオネイバーズも暖房要らずのスタジオとなるのか?
はたまた底冷えのするスタジオになってしまうのか!?
これから本格的な冬を迎えようとしますが目が離せない所であります。

Posted on 2015-11-29 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »

ボイスドラマ初収録

本日、ボイスドラマの収録で当スタジオをご利用頂きました。
初めてマイクを3本立て録音を行いました。
狭いかなと思いましたが意外と余裕がある感じです。

ボイスドラマ収録

ボイスドラマ収録風景

今回の録音で分かりましたがマイクが3本あれば
4〜5人の出演者がいてもカバー出来るんですね。
これが2本だと結構大変な事になります。

今回2タイトルのドラマを収録させて頂きましたが完成が楽しみです。

完成しましたらまたご報告致します。

 

Posted on 2015-10-12 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »

2015年夏アニメ

今期も一通り終わりましたが作風は多岐に渡っていたような気がしますね。
その中でも自分的にピックアップしたアニメを紹介します。

 

「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」
http://gate-anime.com/index.html
https://www.youtube.com/watch?v=g5VwjETwBpw

ある日突然、異世界と銀座間に開いたゲート・そこから続々とモンスターや敵が・・・

ネットでは政治的な話題で盛り上がっているようですが・・・
ファンタジー的な世界観を堅持しつつ現代的社会観を盛り込んだシナリオは実にバランスが取れていたように思います。
キャラデザインもとてもよかったです。特にロゥリィが^^

 

「それが声優」
http://soregaseiyu.com/

新人声優三人を主人公に、声優あるあるネタを多数入れて描いたお仕事アニメ。

実名で出演する先輩声優と出会いつつ徐々に成長していく様子はアニメ好きとしては嬉しい。毎回ゲスト声優が誰かというのも楽しみだったしw
それとOP・EDを含め作中に使われている曲が何気に良かったと思います。
ED曲(あなたのお耳にプラグイン!)をあんなに楽しみにしたアニメは他にはありません!
そんな挿入曲の中で12話で出てきました「光の先へ」ですが、実は曲中のダンスシーンのモーション作成を一部お手伝いさせて頂きました。
「光の先へ」トレーラー
https://youtu.be/EbYr8HzqQSI

私がやりましたのは背景作画のためのカメラ位置のFBX化。(FBXとは3Dデータの一種です)
作画で作られたモーションとの整合性を保つため、実際に3D空間上にカメラを配置して
そのカメラから見える背景を作画して頂くための資料となります。
このアニメは手書きによる作画を中心に作られてましたがそういうアニメでも今は3DCGは欠かせなくなってきています。

 

3DCGといえば
「六花の勇者」
http://rokka-anime.jp/
このアニメは積極的に3DCGを取り込んでいましたね。
画風は完全にセル画風になっていたのでもしかしたらハイブリッドで作っているのではないでしょうか・・・

日々何気なく見ているアニメですがその制作現場は日進月歩で進化しているようです。

Posted on 2015-10-10 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »

ギターのように見えるもの その2

こんばんは。
スタジオネイバーズの石井です。

ギターのように見えるもの、完成しました。

なぜこのようなものを作ったのか。
子供にせがまれた訳ではありません。
(もっとも子供はおりませんが。)

実はこのギターのようなものを使って、映像制作をする予定なのです。

慣性センサ式のモーションキャプチャスーツという代物があり、それを振り付けモデルさんに着用してもらい人体の動きのデータを録ると、その後任意の映像内キャラクターに反映することができる驚きの優れモノなんです。
とても簡単にあっさりと説明をさせてもらいましたが、とにかく最先端の映像技術なのです。

そしてそれを活用する際にギターを弾きながら歌う人のデータを録ろうという話しがあり、そのために作った代用ギターなのでした。

今後どんな作品が生まれてくるのか。
本当に楽しみです。

 

 

 

2-quslDx

Posted on 2015-09-06 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »

いいサンプルを録りたいあなた!ボイスサンプル収録承ります。

ボイスサンプルとは声優さんやナレーターさんが自分の声の特長や演技の幅などを示すために収録する声のサンプルのこと。声のお仕事をする人にとっては自分のプロフィール、または宣伝材料となります。

そんなボイスサンプルの収録ですが、収録数を数多くこなしていると
なぜか同じ原稿をお持ちになる方がいらっしゃる事に気付きます。

これはキャラクターオーディションに提出するためのボイスサンプルである事がわかりました。
キャラクターオーディションとはボイスドラマ・ゲームなどの配役(CV)を決めるためのオーディションです。

キャラクターオーディションでは各キャラクターについて課題となる原稿があるようです。
皆さんそれをお持ちになるんですね。

ですが声優さんお一人で収録にいらしてもなかなかいいテイクが録れない場合があります。
キャラクターオーディションでは既に決まったキャラクターが存在します。
ほんの2〜3行のセリフでもそこにはキャラクターの感情や状況場面が存在します。
そこを明確にしていないと結果として「気持ちが伝わらない」、「ただ喋っているだけ」といった
ボイスサンプルになりかねません。

スタジオネイバーズではそんなキャラクターオーディション用のボイスサンプルの収録を
数多く承っています。
そんな経験値からどんなサンプルが求められているのか、
他の方がどのようなサンプルを録ったのかなどアドバイスさせて頂く事も可能です。

また、ご希望が御座いましたら現役の声優・ボイストレーナーや、ナレーション・アナウンスの現場経験豊富なディレクターがあなたの収録をサポートさせて頂きます。

ナレーション風景

ナレーション風景

 

ご興味が御座いましたら是非一度お問い合わせください。

ネイバーズレコード

ボーカル/ボイスディレクション 2,000円~/1h
(現役の歌手・ボイストレーナーや、ナレーション・アナウンスの現場経験豊富なディレクターがあなたの収録をサポートします)

待望のアイテム。トークバックボックス完成しましたー!

お待たせしました。トークバックボックスようやく完成です!

トークバックボックス

トークバックボックス

 

これはいったい何をするものかと言うと・・・
収録スタートのきっかけや演技の指示などをブースの中にいるナレーターさんや歌い手さんに
伝えるためのコミュニケーションツールなんですね!^^

 

トークバックボックス

しゃべりたい時は左側の「TALK」ボタンを押します。

 

ブース内の人としゃべりたい時は左側の「TALK」ボタンを押します。
すると、マイクから声をひろってブースの中と話す事ができます。

 

 

 

 

トークバックボックス

キュー出しは左側の「CUE」ボタンを押します。

 

 

収録スタートのきっかけ(キュー出し)を伝えるのは左側の「CUE」ボタンを押します。
すると、ご覧の通り「CUEランプ」が点灯します。

 

 

 

 

 

ブースの中ではこんな感じに見えます。

トークバックボックス

「CUEランプ」が点灯します。

 

 

ナレーターさんはこのランプを見てしゃべり出すわけですね。

 

 

 

 

 

とまあ、実際光った時はきれいなもんですw

こんな簡単な装置ですが実際の収録では大変役に立ちます。
これでさらにスムーズな収録が可能なスタジオとなりました!
どうぞお試しください。m(__)m

トークバックボックス制作中

かねてよりご要望の多かったトークバックボックスですが、現在絶賛制作中です。
まもなくお披露目出来ると思いますのでこうご期待!!

回路図

回路図

ワイヤリング CUEボタン&トークバックスイッチ

ギターのように見えるもの

はじめまして。

スタジオネイバーズの石井と申します。

 

唐突ですが今、ギターのように見えるものを作成中です。

大のおとなが真剣にやっております。

 

さて今後このギターのようなもので、どんな展開が起こるのか。

楽しみです。

 

 

thumb_IMG_1040_1024

Posted on 2015-08-13 | Category : ネイバーズの日常 | | No Comments »